谷生活のオペレーティングシステムをご紹介します!


谷の中の作業は、発電所のよう。

その作業過程とは・・

谷のオートメーション

一瞬一瞬、判断力する

生活のルーティン作業は様々な種類がある。

主に、分類や整理などの手を使う作業が多い。

その場、一瞬一瞬の判断力が重要になってくる。

間違いは、低い得点につながってしまう。

ルールを決める

谷の中の作業は、もともとルールが無い。

ルールを決めるのは、判断に思考エネルギーを使わないため。

収納場所、分量、時間。

そういった要素ごとにルールを決めていけば、繰り返すことで次第にシステムが出来上がっていく。

パソコンに統一する

現代流に作業スタイルを変えていく。

パソコンのオペレート作業とリアル空間を同じ動作にしていく。

一つのアカウントで統一管理していくと、無駄な労力が減りパフォーマンスが上がる。

タスクをコピペしていく

作業を均一化し、機械化・システム化していく。

一度やり方が確立されたものは、コピペして増やしていく。

全体的に生産力が上がっていく。

名前で物を管理する

機械化を続けていくと少しずつ時間が短縮されて、 空き時間が増えてくる。

配置や物の管理はスマホで写真を撮り、名前を付けてパソコンで管理し、検索できるようにしておく。

画像は、ピクチャにどんどん放り込む。

環境を機械化、デジタル化していく。

朝の家事で頭が痛い理由を解説

環境整備=環境デジタル化

場所を移動した時は、環境条件が変わったことに気づきにくい。

慣れた環境と同じ感覚で行動すると、色々と障害が出始めます。

なぜ、朝に旧家に作業に行った時、異常に頭が重たくなるのかと考えてみました。

気付いた原因は、脳に大きな負荷がかかっているため。

環境が変わると、思考条件が大きく変わります。

旧家に作業に行って頭に訪れる3つの要素とは?

紙に書き出しながら分析。

3つの要素が混合

1.献立を考える

2.家族の思考・感情の理解

3.周りの生活環境の整理作業

基本的に、話しながら手を動かすというのは脳に負荷がかかります。

また、いくつかの要素が混在すると、頭の中で分類分けに時間がかかる。

家事による環境整備は、環境にエネルギーをチャージしているのです。

エネルギー充電=幸福度を上げる。

台所でのテレビは作業効率を下げる

近年は、スマホやパソコンから情報を得て生活を進めることが多い。

情報過多の時代になり、自分と無関係な情報に時間を取られることはとても生活効率を下げてしまう。

朝にテレビを観ると、無駄な情報や自分に無関係な情報が流される。

調理を行う場所でテレビが流れると、雑音が入り調理のパフォーマンスが下がる。

台所では、ピアノBGMなどが作業のモチベーションを上げてくれます。