ギバーとテイカーは花咲かじいさんの話です!

正直じいさんと意地悪じいさん

出典;漫画日本昔ばなし

意地悪爺さんは遠くから正直じいさんを眺めていた。

「正直じいさん が発展するのは、人の力をたくさん取っているからに違いないぞ!」

意地悪じいさんはそう思った。

テイカーは人の間に入ってエネルギーを取っていくが、取っているという証拠が明確にされにくいため、その罪を責められることが少ない。

テイカーは簡単に言えば「エネルギー泥棒」なので、一種の犯罪として取り扱うことも可能だろう。しかし、現実はテイカーは人に混じって証拠を出しにくく行動を繰り返す。

花咲かじいさんのあらすじ

ある山里に心優しい夫婦と、その隣人に欲張りで乱暴な老夫婦が住んでいた。傷ついた子犬を見つけて飼うことにし、わが子のように大切に育てる。犬が夢に出て木を伐り倒して臼を作るように助言し、餅をつくと財宝があふれ出た。