祖父のタンスを解体した!!120分


ここ2年、いつできるかな~と、宿題だった、祖父母の部屋のタンスの撤去。

先日、ようやく祖父のタンスを解体・撤去いたしました。

\(^o^)/\(^o^)/ スッキリ!

 

わたくし、記憶にある3歳の頃から、ずっとこの場所にあります。おそらく、50年はこの状態だと思います。

なかの服は、しばらく前に廃棄しました。

本日も活躍してくれるのは、高儀の電気のこぎり。

 

[amazonjs asin="B009A3J67Q" locale="JP" title="高儀 EARTH MAN 14.4V 充電式 電気のこぎり 電池・充電器セット DN-110Li"]

 

まず最初に、観音開き扉のネジを外す。



 
しかし、マイナスネジで、しかも錆びて固まっている。2時間の作業の内、これに30分費やしました。最後は、力ずくで引き抜いた。

数学の時間です。直方体ですので、6面でできています。

面に沿って、電気のこぎりで切ります。これは、サクサク進んでいきます。


 

そんで、また付随作業が、発生。

タンスの裏の土壁が、崩れている!!(>_<)

 
はい、2時間の作業の内、この土の処理に、また30分費やしました。

終わって片付けたら、こんな感じです。この部屋に、タンスの体積分は広くなりました。


 
となりの祖母のタンスもありますが、これは新しいので、使う予定。

廃棄するのは、とりあえず別の部屋で、こんな感じです。細かくして、一般ごみで出します。

 

この部屋に新しいゴザを敷き詰めて、自由空間を増やしていきます。以上、旧家にまた新しい歴史をつくったお話でした。

[amazonjs asin="B005LKIHZ4" locale="JP" title="高儀 EARTH MAN AC100V ドリル&ドライバー DDR-120"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA