人のせいにする親と自分に原因があると思う子供


歪んだ親が子供を歪める

親子の関係は、子供の人生に大きな影響を与えます。

親が他人依存の性格だった場合、それは子供に悪い影響を与えるでしょう。

例えば親が、何か問題があるといつも他人のせいにする性格だった場合、子供は親から常に責められる対象になります。

いつも「あなたが悪いの」と言われてきた場合、子供は「僕は潜在的に性格が悪いんだ」という自覚の人に成長してしまいます。

歪んだ人間関係が、子供に正しい人間関係を認知させずに、歪んだ基準の世界で生きるようにしてしまうのです。

生育過程の人間関係がとても大切だということが分かります。

自分の性格を鏡に映し出して見る必要があります。

とは言っても、世の中は真っ直ぐな人ばかりではないので、日々真っ直ぐを求めて暮らしていきましょう。