人はあまり接近しないほうが良い説


接近はトラブルの原因に

人が接近した時に、

「お前が悪い。いや、お前が悪い」となることがある。

どっちが悪いのかを分析することがよくあるが、実はどっちも悪くないことも多い。

違うタイプの人が接近して歯車が噛み合わずに衝突することは多い。

それぞれの人はプラスで動いているのにトラブルが起こる。

この場合、悪い原因は「接近したこと」だ。

つまり、人はあまり接近しないほうが良いのだ。

気が合いそうなときだけ接近すれば良い。

その意味で、都会で過密状態で暮らすのは不自然だと言える。