本は思考のアンカーポイント


本とWEBとを比較してみた。

本はWEB(電子書籍)に取って代わられてきている。

電子書籍はかさばらないから、何冊分も入れることができる。

電子書籍のデメリットとして、

機械の中に閉じてしまう状態になるので、

読みかけていた場所をすっかり忘れてしまったりする。

ここで、「物」について考えてみると、

「物」は在るだけで忘れさせない働きがある。

本も「物」だ。本は人の思考展開の助けとなるもので、

それが「物」としてあることは、

忘れさせない働きを持って有難いものとなる。

つまり、思考のアンカーポイントの役割をしてくれる。

それは、思考展開の「踏み台」として触ることができるから、

驚きの働きだと思った。