サービスの「内堀→外堀」理論


まず自分が快適になる

人に何かをしてあげる時、自分を後回しにして他人のことを考えるのは困難です。

まず、自分が快適さを体感したら他人にそれを勧める順番が常になります。

体感して脳に想起されないと、利用しようとしないためです。

人に何かをしてあげようと考える時、その人が喜ぶだろうと思うことを頭に想起することで、それを使おうとします。

アウトプットも内堀・外堀

心の中をアウトプットするのも、直ぐに「よそ行き」にしてハードルを高くすると結局アウトプットせずに成績が下がってしまう。

成績を上げるには、気軽にアウトプットする機会を多くすることです。練習試合のようなものが多いほうが生産量が多くなり、上達が速く進みます。

よそ行きのアウトプットにしないためには、普段から快適空間(好きなもの)を増やしておくことが大切です。