サービスの「内堀→外堀」理論


まず自分が快適になる

人に何かをしてあげる時、自分を後回しにして他人のことを考えるのは困難です。

まず、自分が快適さを体感したら他人にそれを勧める順番が常になります。

体感して脳に想起されないと、利用しようとしないためです。

人に何かをしてあげようと考える時、その人が喜ぶだろうと思うことを頭に想起することで、それを使おうとします。