パソコンワークと祈りの関係は?祈りによる「最速の時短効果」について解説!

祈りによる時短思考術とは「直感」です。

祈りは自己開示であるので、心の底で思っていたことと頭脳の理性とが一瞬でつながる作業になります。

そのため、祈った瞬間に脳内に「気づき」が起こり、一瞬で解答が得られるのです。

これは、コンピューターにも劣らない最速の生産方法になります。

ネット検索と祈りの関係

「時短」というワードが使われ出して、かなりの年数が過ぎました。現在では、悩みができた時には、まずネットで調べるのが一般的です。
ネットで検索すると、悩みが一瞬で解決されることがよくあります。

一方で、システムが複雑になって、返って悩みの解決がなかなか進まないこともあります。紙にペンで書いて、自分の頭で考えた方が速い場合もあります。

ここでもう一つの方法である「祈り」について考えます。人間の古来から存在する「祈り」という行動は、ネット効果と比べて、どうなのでしょうか?

「そんなの、ネット検索の方がすごいに決まっている。」

普通は、そう考えるでしょう。しかし、悩みの問題は、意外に祈りで直ぐに解決が可能なのです。

人が主で、ネットは従

ネット検索は祈りに近づいていると言えます。

最初、ネットが普及し出した頃、パソコン関連のことは検索できますが、データが少ないため、人に関係した細かなことまで調べることはできませんでした。

データが増えるにつれ、次第に人に関わることを漏れなく調べることができるようになってきました。それでも、思考や現象の場合の数は、グラデーション的に無数に存在します。

ネットを主にして考えると、人がその幾つかの型にはめ込まれることになります。ネットに自分を合わそうとして不自由を生じます。そして、自分にあった環境設定ばかりを探すことになります。

環境の型に人をはめるのではなく、人に環境を合わせることで悩みは解決されていきます。

祈りは、人の思いをグラデーション的に環境に反映させる最適の方法です。

祈りのもつ生産効果

祈りは、人の思いをグラデーション的に環境に反映させる最速で最適の方法です。

祈りの内省は、自己データ整理

祈りは、パソコンで言えば、ローカルファイルの整理の効果があります。

自分を見つめる時間を取ることは、ネット時代において、とても重要です。