日本の伝統・文化について


秋は、伝統・文化・日本について考える季節です。
文化は時代とともに変化します。例えば、安土桃山時代に、天平文化に出遭ったら、違和感を感じるはずです。文化というのは、本来、生産性からくる人の精神の開花でしょう。文化と生産性は強い繋がりがあります。文化に接する喜びから、また生産性が伸びていきます。日本の祭りは、長い間、地域のカタルシス効果の機能を果たしてきました。普段、心の奥に溜まったことをお酒を飲んではき出すことによって、地域の人間関係を円滑にしてきたのです。また、毎年同じことを行うことによって、次の世代へと精神の継承を行う働きもありました。しかし、現代、この2つの機能は有効で必要不可欠なものではなくなっている。現代における伝統とは何かについて、この時期によく考える必要があると思います。