加齢の病気とは行動負債|感謝生活のすすめ


感謝生活が大切な理由

ふしだらな生活が積み重なると必ず病気になる。

環境も同じで、環境に感謝しないで消費ばかりしていると、必ず荒れ果ててしまう。

感謝というのは、エネルギー充電です。

行動すると、プラスの部分とマイナスの部分が必ず存在する。

マイナスの部分を取り去るのが、メンテナンス・掃除だ。

メンテナンス・掃除をしないで、プラスの部分ばかりを見ていると、必ずマイナスが溜まっていき病気になる。

ゆえに、日々メンテナンス、日々感謝、日々充電が正しい病気にならない生き方だ。

ふしだらな人は、自分が行った行動の負債を他人に除去させようとする。

しかし、時はすでに遅し。

長年のマイナスで壊れてしまった組織を元に戻すことはできない。

普段、感謝をしないと罰が当たる

罰が当たるというと、非科学的なようにも聞こえますが、実際は科学的です。

感謝をするとは、環境や人に配慮していること。

つまり、感謝をしていると環境や人にエネルギー充電を行っています。

一方、感謝をしない生き方とは、環境や人をお構い無しに消費する生き方。

エネルギーを取って利用するばかりなので、必ずマイナスが蓄積されていきます。

その結果、環境や人は壊れます。

これが罰です。

よって、昔から言うように、感謝をしない人は必ず罰が当たるのです。