30年前の食べ物と、今の食べ物


昔懐かしい食べ物を食べると、その当時の自分が蘇ってくるものだ。

パンを食べた時、高校の帰りに買って自転車に乗りながら食べたことを思い出したりする。

人によっては、トラウマになった食べ物もあるのではないか。

 

食べ物で、母親の言葉を思い出す人もいるだろうし、

兄弟喧嘩を思い出す人もいるだろう。

心が成長していない人は、当時の思考にそのまま戻ってしまう。

成長した人は、昔を懐かしんで微笑むことができるだろう。

味覚神経と心の成長はリンクしているのだ。脳の成長だ。

脳神経細胞が分化されたか、昔のままか、

そんなことが、食べ物の想い出で分かるのだ。

30年前の食べ物は、何を語りかけるか?