寝る前にお酒を飲まない

寝る前にアルコールを飲むと、よく寝れると思っている人が多いですが、実際は、寝る前のアルコールは寝付きが良いものの、睡眠状態が浅くなり、短時間で目が覚めてしまいます。睡眠障害の原因になります。

寝る前に炭水化物・糖質を控える

寝る前に、鍋焼きうどん、カップ麺など、炭水化物をとると血糖値が高いまま寝てしまいます。すると、睡眠中に成長ホルモンの分泌が抑えられます。成長ホルモンは、大人の場合、体の組織修復の働きをします。

偏食しない 野菜を食べる

偏った食事、特に野菜不足で、ビタミン・ミネラルが不足すると、体内の不純物を体外に排出する働きが弱くなります。また、いろいろな組織の働きを妨げてしまします。

冷たいものを飲まない

冬でも氷を入れてドリンクを飲むと、体温が体の内部から下がり、免疫力を低下させます。病気に対して、抵抗力が無くなっていきます。

テレビを観過ぎない

雑魚寝をしながらテレビを観ていると、情報に対して受け身の生命状態になります。日常の自発性を無くさせる原因になります。また、雑多な情報を分別することなくインプットするため、脳内を散らかしてしまい、整理された思考ができなくなっていきます。さらにそれが、体の機能低下をもたらします。

夜更かししない

電灯をつけたまま横になって寝てしまうと、深い睡眠ができません。体の疲れが取れず、翌日に持ち越してしまって溜まっていきます。

タバコを吸わない

タバコのニコチンは一時的に頭の回転を上げるため、タバコを吸う人がいます。しかし、吸った後、時間が経つと、逆に平常時より頭の回転が悪くなります。そのため、またタバコを吸うことを繰り返してしまいます。体に沢山の有害物質を入れてしまい、発がん率も上がります。

人に頼らない

若い時から人に頼る癖がつくと、自分で工夫し問題を解決する力がつきません。お金を払って誰かにしてもらう受け身の人生になってしまいます。創造力もつかず、生き甲斐の減退ににもつながっていきます。

自分に責任を持つ

自分がしたことに対して責任を持たないでいると、生活の問題は人のせいになっていきます。愚痴が多くなり、ストレス耐性がつかなくなります。

人のために働く

人のために働けば、生活に張りとやりがいができます。自分に対して責任感がつき、自発的な生活を送ることができます。また、収入も増やすことができます。

新しいことを学ぶ

新しい命は新しいものを欲しがるのと同時に、新しいものを体に取り入れることは体を新しくします。意識して新しいものに挑戦していくことが大切です。いつもと違う場所に行き、刺激を受けるなどして、新陳代謝を活発にしていけば若く保つことができます。

交流する

刺激を運んできてくれるのもは、外界の人や物です。自分の快適空間に閉じこもっていると、外界との交流が無くなり、新しい情報・刺激も入ってきません。時代から取り残され、生活の変化が少なくなってきます。外界とのチャンネルを持つには、コミュニケーション力が大切になります。

未来に目を向ける

昔の思い出が強い記憶になり、執着すると、目の向ける方向は常に過去となり、現代と未来をあまり見なくなります。未来と社会のことに目を向け、祈っていくことで新しい希望が湧いてきて、生き甲斐が生まれてきます。

固定化を避ける

思考の固定化は生活環境の固定化と連動しています。同じ言葉、同じ食べ物、同じ服、同じ場所は避けて、脳を活性化していくことが大切です。室内も時には形を変えて機能アップさせていくと良いです。

運動する

固定化を避け、脳を活性化するために、毎日、適度な運動をしましょう。ウォーキング、体操などで随分と脳が活性化します。運動すると成長ホルモンが出るので、疲労を取る効果もあります。