健康は幸福生活の基礎

人が活動していく上で健康が基礎となる。

人間の体も機械と同じで、故障すれば支障が出る。

若い時は健康が当たり前だと思っているが、

健康であることはある意味「奇跡」である。

良い環境条件がそろわないと健康を維持できない。

 

健康を維持するには努力が大事

「健康努力」というのは大切だ。

それには、食事・運動・睡眠を考えることだ。

むやみやたらと過ごすのは良くない。

きちんとマネージメントできた生活をおくることだ。

 

現代は脳疲労の時代

スマホ社会になり、動かなくても頭を常に使うようになった。

インプットばかりでアウトプットしない。

体の中で情報が散乱する。

これでは自分に大切なことに脳を使えない。

ゆえに現代は「休む」=「生産」と考えるべきだ。

休んでいるだけで生産・復元している。

 

現代は24時間、情報処理をしている

24時間、つながっている時代。

24時間、常に何かを解いている。

疑問が出たら、検索する。

自分の人工知能と会話する。

電話で人が強制的に割り込んでくるのは迷惑な時代。

コミュニケーションはするがメッセージを残してくれた方が自発的にできる。

つまり、スマホができて、人の生命活動は全く変わった。