日本はみんな農家だった時代

戦後までは、日本はみんな農家だった。

土地は田畑として食物を生産するのに使った。

かし、経済成長とともに人の暮らしも変わる。

工業国になっていき、お金の社会になる。

ネット社会、人口減少社会が来た

土地の利用法は、今までどおりでは

耕作放棄地だけが増えていく。

作物を作らないから、耕作放棄地。

この方程式が、悲壮感を生む。

発想の転換が必要だ。

土地は作物を作るためだけにあるという定義が良くない。

基礎定義を変えよう。

土地はなにかに使えば、草が生えて荒れることはなくなる。